中学受験の教材

中学受験の疑問

娘が中学受験をしましたが、初めての受験でわからないことがたくさんありました。私が経験したことから皆さんにも何かお役に立つことがあればと思い、書かせていただきます。

私自身、娘の中学受験は本当に手探り状態で、分からないことだらけでした。あまり頼れる先輩ママもいませんでした。

何度も娘を叱りつけたかわかりません。何度娘と口論になったのかもわかりません。中学受験生の母親として不十分な部分がたくさんありましたが、それでもとりあえずは娘が第一志望校の女子高に合格してくれて本当に良かったです。

まず娘が中学受験をしたきっかけですが、友達も受験するというただそれだけの理由でした。最初は「そんな理由で良いのか?」なんて悩んでいましたが、私自身娘には私立の中学校に行ってほしかったため、双方の合意のもと中学受験をはじめることに。

では、中学受験の勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか。

これはご家庭によって全く異なるそうです。早いご家庭では小学校に入る前からすでに英才教育をはじめているそうです。

昔は5年生ごろから塾で本格的に勉強を始めるご家庭も多かったそうですが、今では4から受験クラスがある塾がほとんどです。本当に早い塾であれば、3年生から学ぶ楽しさを身につけようをコンセプトに授業を行っているところもあります。

ちなみに我が家では5年生から塾に通い始めました。それまでは学校の勉強を中心に行い、算数と国語は主人と私で分担して見ていました。

次に親としてどうかかわるかですが、中学受験では子供が志望校を自分で決めたり、勉強の仕方を自分で編み出すことは難しいので親のサポートが必須になります。

小学生とはいえ、5年生や6年生は自立したがるお年頃。あまり口出ししすぎると勉強する意欲がなくってしまいがちになるので、口出しはほどほどにというのが私が学んだこと。

また、高学年になると学校での委員会やクラブ活動もあり、学校と塾の勉強の両立や遅くまで勉強することで体力的にも心配になります。できるだけ規則正しい生活を心がけ、食事のメニューは気をつけるようにしてあげてください。

受験を乗り切れる強い身体と健康な心づくりをサポートするのが親としての一番の役目だと思います。

中学受験は正解がないと思います。いろんな方法がありますし、そもそも中学受験をしたこと自体が正解なのか不正解なのかわかりません。

でも娘の中学受験で学んだことは、どんな状況でも娘が成長するということです。

この中学受験で娘はほんとうに成長したと思います。親としてはそれだけでいいと思えるようになりました。
参考サイト