勉強方法について

中学受験。親としては高校や大学受験とはまた違った緊張感があり、ピリピリしてしまうことがありますよね。

私は以前娘の中学受験を体験しました。小学校では中学受験をするばかりではないので普通の授業ですし、子どもの苦手科目がなかなか克服できず…私はついきつく叱ってしまうこともありました。

しかし、ピリピリしていたのは私だけではありません。

私がどうしたらいいか分からなかったのと同じように、娘も手探りで自分の苦手克服法を模索していたのだと思います。あくまで受験するのは娘であり、親ではないのです。干渉するな、とまでは行きませんが、みなさんは、お子さんにつきっきりではないでしょうか?

「まわりの中学受験をする子どもたちはみんな塾に通っている」だとか「プロに教えてもらえれば間違いはない」という理由で安易に塾に通わせるべきではないのではないかと思います。私の娘は引っ込み思案であまり大勢のなかにいるのが得意ではなく、塾特有の雰囲気が苦手なようでした。重要なのは誰に教わるかではなく「どういう方法が一番子ども本人に向いているのか」ということを探し、早い段階で子どもが自分で発見できるように、行き詰ったら親が少し手を貸してあげることではないでしょうか。

ただがむしゃらに勉強させるだけでは娘にとっても苦痛ですし、それを言っている私もストレスが溜まってしまいます。

勉強させると意固地に考えるのではなく、どうすれば勉強しやすくなるかをまずは親子で一緒に考えていった方がよいでしょう。

まずは子どもに勉強しやすい環境(静かなところ、明るいリビングなど)、子どもが得意な勉強法(ドリルをひたすら解く、漢字は書いて読んで覚えるなど)を見つけていくということが大切です。